• ホーム
  • 上位にランクインしても永遠に順位を保てるとは限らない

上位にランクインしても永遠に順位を保てるとは限らない

狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されるようになれば、検索経由のアクセス流入数を大きく増加させることができるでしょう。しかし検索順位は一定ではなく、Googleアップデートによって常に変動しています。Googleは検索アルゴリズムを定期的に更新し、検索順位をランキングし直しているのです。上位にランクインできたとしても、対策継続を心がけていなければ、順位変動によってランクダウンしてしまう可能性があります。
もちろん検索順位の入れ替わりがあったとしても、ペナルティを受けているのではない限り高評価を受けていたサイトが突然何十位もランクを下げるようなことはありません。しかし検索上位では、順位の差がアクセスの増減に大きな影響をもたらします。キーワードにもよりますが、検索順位の一位と二位ではクリック率に3倍もの開きが生まれることもあるのです。たった一つランクを下げただけでアクセス数が半分以下になることもあるのですから、気を抜くことはできません。ランクインを実現したとしても気を緩めず、しっかりと対策を行っていくことが大切です。Googleアップデートの内容に気を配って対策継続をすれば、上位表示をある程度維持することができるでしょう。
Googleアップデートでは、コンテンツの内容やスパム行為の有無、被リンクに関する要因など様々なアルゴリズムの更新が行われます。それぞれの観点から検索結果の内容が見直された結果、順位の入れ替わりが起きるのです。あるアップデートを機に順位が下がった、という場合にはそのアップデート時に何が重視されたのか、という点をチェックする必要があるかもしれません。
上位表示を維持するためには、順位変動が起こりうるということを考慮し、対策を続けていく必要があります。Googleは常にユーザビリティを向上するため新しいアルゴリズムを取り入れていますので、その動向をチェックしておくことが大切でしょう。
アップデートによって順位変動が起きるということは、新規のサイトにとってはチャンスが大きいということでもあります。新しいサイトでもGoogleに評価されることを意識してしっかりとコンテンツ作りをしていけば、将来的に上位表示を実現することも可能なのです。既存のサイトから見れば、常に新規の競合相手が登場し続ける、ということでもあります。上位表示を実現したら、少しでも高順位を維持できるように対策を行っていきましょう。

関連記事