• ホーム
  • バックリンクは否認作業も忘れるべからず!

バックリンクは否認作業も忘れるべからず!

PCで作業する男性

SEOに大きな効果をもたらすとされるバックリンクですが、どんなリンクでも良い影響が得られるというわけではありません。こちらにも質の差があり、低品質なものはSEOに対して悪影響となる可能性があるのです。検索エンジンのクローラーはただリンクを辿るだけでなく、周辺のテキストやリンク元のサイトの評価をチェックしながら、バックリンクの質を判断しています。リンクだけを集めた不自然なサイトや、スパム行為を行っているドメインから送られたリンクは、低品質なものと見なされるのです。過剰なSEO対策だけを目的としているリンクサービス等も、検索エンジンから良い評価を受けることはありません。
大手検索エンジンであるGoogleは、不自然なリンクに対してペナルティを与え検索順位を下げるといった措置を行っています。ペナルティを受けると最悪の場合、インデックス登録を削除されて検索結果に全く表示されなくなる恐れもあります。このため低品質なバックリンクに対しては、積極的に否認作業を行っていくことが大切です。
サイトの運営を続けていれば、外部から貼られるリンクの数も自然と増えていきます。バックリンク数が増加してくると、あまりリンク元を確認しなくなる方も多いかもしれません。しかし、何もせずに放置していると、知らないうちに不自然なリンクによって、サイトの価値を下げられている可能性があります。運営側が意図して行ったバックリンクでないとしても、検索エンジンは不自然なリンクを厳しく取り締まっているため、ペナルティを受けるリスクが生じるのです。ペナルティを受けないためには定期的にバックリンクの確認を行い、不自然なものがないかチェックしておく必要があります。否認作業さえしっかりと行っておけば、問題のあるサイトからのリンクによって悪影響を受けることはありません。
否認作業をする際に注意したいのが、問題のない自然なリンクをあやまって否認しない、という点です。自然なリンクはSEOに好影響を与えてくれますから、必ず残しておく必要があります。バックリンクの否認は一度行ってしまうと取り消しができませんので、しっかりと確認を行ってから作業をした方が良いでしょう。
不自然なバックリンクを放置していると、Googleによってペナルティを受けるだけでなくサイトの評価そのものにも悪影響を及ぼしかねません。不審なサイトから送られているバックリンクや、不自然なリンクは積極的に否認して対策を行いましょう。

関連記事