• ホーム
  • サイトを作成・運営するうえで理解しておくべきGoogleガイドライン

サイトを作成・運営するうえで理解しておくべきGoogleガイドライン

サイトを運営するのなら、できるだけ数多くのユーザーにアクセスしてもらいたいものです。アクセス流入元として、もっとも大きな影響力を持つのは大手検索エンジンであるGoogleでしょう。Googleの検索エンジンは、日本国内において高いシェアを誇っており、7割を超えるユーザーが日常的に利用しているといいます。Googleの検索結果で上位にランクインされれば、日々多数のアクセスを得ることができるでしょう。
サイトを作成する際、そして運営方針を考えていく際にまず注目をしておきたいのがGoogleガイドラインです。Googleガイドラインはサイト管理者に向けて公開されているものであり、Googleが検索順位を決定する上で重視しているポイントが明確にまとめられた内容となっています。つまりGoogleガイドラインをしっかりと理解した上でサイトを作成すれば、高いSEO効果が期待できるのです。
Googleが提示する品質に関するガイドラインには、不正行為やスパム行為に関する説明が記載されています。もしもGoogleから悪質なスパム行為を行っていると見なされれば、そのサイトはペナルティを受けることになり、検索結果から消え去ってしまうでしょう。悪質なスパム行為以外にも、価値のない質の低いコンテンツや独自性のないサイトなどは、ペナルティ対象となる可能性があります。
価値のない質の低いコンテンツとは、自動生成された不自然なテキストや内容の薄い記事、誘導用に作られたページ等を指しています。これらのコンテンツはGoogleが掲げるユーザーファーストの精神に反するため、ペナルティによって検索圏外となる可能性が高いでしょう。
Googleによるペナルティは永続的なものではないため、もし万が一ペナルティ対象になったとしても、改善を行えばいずれ解除されます。検索順位が突然低下した、インデックス登録が消えているといったトラブルが起きた際には、Googleガイドラインの内容をチェックし対策を行う必要があるでしょう。
独自性があり、ユーザーにとって役立つコンテンツが継続的に提供されていればGoogleはそのサイトを価値のあるものと見なします。評価が高まれば検索順位も上昇し、より多くのアクセスを得ることができるでしょう。Googleガイドラインを理解した上で管理者としてサイトを作成・運営していけば、自然とアクセス数にも良い影響があらわれてきます。

関連記事